15mm or 9mm

隣の席の坊やはこの春高校生になったばかりのよう。

「一番長い坊主でお願いします・・・サッカー部にはいったら1年は坊主って言われちゃって。坊主初めてなのでよくわからなくて・・・スポーツ特待生とか結構いるんでレギュラーとれるかビミョーだし・・・」
意外と饒舌。

「15㎜が一番長いのですが坊主に見えますかね、9㎜というのもあります」
年下のお客さんにも敬語。

「周りだけ9㎜で真ん中は15㎜とかじゃ変ですか?」

「坊主に見えないかもしれませんね。ここはびしっと気合のあるとこ見せたほうがいいと思いますけどね、普通は5分刈りですよ、坊主と言ったら」

「・・・・・・じゃあ、15㎜で」

僕の担当が
「お客さんはいつもの2㎜でよろしかったですか?」

「はい。それでお願いします」

きのう寄った床屋さんでのお話、春ですね。

広告

往古来今

綿々と続く時間の流れ。また、昔から今まで。「往古」は過ぎ去った昔。「来今」は今から後。
 四字熟語辞典 – goo辞書 より。

5月刊行予定、磯崎憲一郎氏の新作タイトルらしい。表紙を頼まれた横尾忠則氏が呟いておられました。楽しみ。