Charlotte Rampling

立て続けに彼女の作品を見る。テーマは似ている2本だが、彼女の役どころが「現在のパートナー」「過去のパートナー」と立場が違う。評価を得たのは45yearsだったけれど、僕はthe Sense of an Ending が好きだ。双方、旦那といえば自分よがりでノスタルジーに浸りパートナーを傷つけるという性格。気をつけなくては…

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中